開店祝いを贈るタイミング

開店祝いを贈るタイミングとしては、いつが適しているでしょうか。

 

関係者には、開店のお知らせという案内状が配布されるかと思います。それと共に、開店セレモニーを予定している場合には、お知らせに明記されています。

 

開店セレモニーが催される場合には、その開始に十分間に合うように贈りましょう。

 

セレモニーが朝から始まるようなら、前日の夕刻に届くように手配するのも会場の混雑を避ける気配りになります。

 

開店の準備で忙しくしている最中に花が到着したのでは、せっかくのお祝いの気持ちが仇になってしまいます。

 

これは、贈る相手によって事情が異なりますから、できるだけ相手先に問い合わせして尋ねると良いでしょう。

 

尋ね方としては、「開店のお祝いをさせて頂きたいのですが、前日のお届けがよろしいですか。それとも当日の方がよろしいでしょうか。」といった具合に、事前に電話などでお伺いを立てましょう。

 

またその際に、当日セレモニー参加を楽しみにしている旨や、不参加の場合にはお祝いの気持ちを伝えておくと好印象です。

 

開店祝いの相場