開店祝い花の贈り方

開店祝いといえば、一般的な品として花が挙げられるでしょう。

 

スタンド型の花、大きく広がる胡蝶蘭の植木鉢など、入り口などに置いてぱっと見栄えのするものを贈るのが常識的です。また、その際宛名の札を付けてもらうと良いでしょう。

 

札に寄せる一言を厳選すれば、開店を心からお祝いしていますという気持ちを、上手に伝える手段になります。

 

実際に花を贈る場合、開店する場所からできるだけ近い花屋を選出します。今はネットで、贈りたい場所から花屋の場所を探すこともできますから、開店祝いなどの単語で検索して、有効に活用しましょう。

 

ところで、開店する場所に近い花屋が適しているのは何故でしょうか。

 

生花は生き物ですから、鮮度はどんどん落ちていきます。

 

もちろん、すぐに枯れてしまうような花を開店祝いに使う花屋さんはいないはずですが、その日の気温や湿度、または風の吹く強さなどで傷んでしまうことも事実なのです。

 

生花の傷みをできるだけ防ぎ、綺麗な状態で届けるためには、運搬の距離が短いというのが一番なのです。

 

また、ネットショップでも生産者直送で贈ってくれるお店があります。
直送なら花屋さんよりもさらに鮮度がいいのでおすすめです。

 

 

開店祝いにおすすめの花「胡蝶蘭」はこちら

 

 

開店祝いを贈るタイミング

 

開店祝いにプリザーブドフラワー